Investor RelationsPCAの取組み

PCAとは?

私たちは基幹業務系ソフトウェアを通じて中小企業をサポートしています。

PCAは自社開発による基幹業務パッケージソフトの総合サービス事業を展開しています。
お客さまのご要望にそって事業のお手伝いできるようこころがけ、製品・サービスの導入・運用支援を行っています。

豊富な経験と実績

公認会計士有志が会社を設立
1980年創業
パッケージ導入社数
累計24万社
クラウド導入社数
15,000社以上 15,000社以上

安心できるインフラ環境

データ
2重でバックアップ
専用線とリモート回線
2重でお客様をサポート
クラウド環境の年間稼働率
99.9999%

しっかりしたサポート体制

全国拠点数
13拠点
販売パートナー
2,000社
年間セミナー開催数
1,000回
コールセンター体制
150人体制

安定した経営基盤

ストック収入構成率
50%以上
自己資本比率
60%〜70%
完全無借金経営
借入金0

強みは?

システムの提供だけでなく、PCAスタッフの総合力で中小企業を支援しています。

安心して運用できる基幹業務システムは、事業規模関係なく必要とされています。私たちはお客さまのニーズを満たすために、システムの安定稼働、必要な機能の迅速なアップデート・機能提供だけでなく、スタッフによるサポートにも力をいれています。「マネジメント・サポートカンパニー」を目指し、よりお客さまに安心してご利用いただけるような環境をめざしています。

  1. 信頼と実績
    長年にわたりあらゆる業種にあわせ基幹業務システムを導入してきた経験とノウハウ
  2. 柔軟な対応
    多種多様な用途に対し様々なサービスを組み込み、システムと業務フローを構築できる対応力
  3. 安心のサポート体制
    日々の運用から、今後のことまで相談しやすいサポート体制

基本戦略

4つの基本戦略でさらにお客さまに寄り添った会社を目指していきます。

昨今、クラウド・パッケージソフト共に会計ソフトが数多くリリースされているます。私たちは、更にお客さまの身近なパートナーになっていけるよう長年培った経験と実績を活かし、PCAだからこそできる新しい製品やサービスの開発・体制強化を進めています。

PCAの今後

「マネジメントサポート・カンパニー」としての地位を確立するために

世の中の変化を先取りし製品・サービスに反映できるよう体制を強化していきます。また企業の経営・運営に係わるワンストップサービスへ製品・サービスの提供の幅を広げていきます。

今次中期経営計画期間(2019年~2021年)今次中継は、中長期ビジョン時実現に向けた収益基盤・経営管理基盤を高めることに注力する。直近:「自ら稼ぐ力」を復活・強化する「種まき」の実行、自社製品・クラウド・保守サービスの充実・成長軌道。中期:世の中の変化を先取りした新事業・新製品・新サービス開発への体制づくりの推進。長期:企業の経営・運営に係わるワンストップサービスへ提供の幅を拡げ、顧客企業の「経営サポート業」を主体としたマネジメントサポート・カンパニーの確立。